30
8月-2016

【無料映画】シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ | Captain America: Civil War

洋画:シビル・ウォー/キャプテン・アメリカのポスター画像

この記事では映画:シビル・ウォー/キャプテン・アメリカの様々な情報と、無料で視聴出来るリンクを紹介しております。

無料映画:シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ情報

公開日 2016年4月29日(日本)
監督 アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
脚本 クリストファー・マルクス、スティーヴン・マクフィーリー
原案 マーク・ミラー、スティーブ・マクニーブン『シビル・ウォー』
原作 ジャック・カービー、ジョー・サイモン
製作 ケヴィン・ファイギ、ヴィクトリア・アロンソ、ルイス・デスポジート、アラン・ファイン、スタン・リー
音楽 ヘンリー・ジャックマン
上映時間 147分
ジャンル アクション、SF、アドベンチャー
評価 8.2 / 10(281,886人の評価)

 

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカのキャスト情報

役名 俳優/女優 俳優/女優情報
スティーブ・ロジャース / キャプテン・アメリカ クリス・エヴァンス アベンジャーズのリーダーとなり戦いの中で犠牲者を出すことに責任を感じつつも、 自身の決断ができないソコヴィア協定には反対の立場を取り、アイアンマンとの間に大きな軋轢を生んでしまう。今作では、これまで心の支えとなっていたペギーが亡くなり、大きな悲しみに暮れる中、親友であり自分の過去との唯一の接点となったバッキーの無実を証明するために一部のアベンジャーズメンバーと戦うという苦渋の決断を下すことになる。
ジェームズ・”バッキー”・バーンズ / ウィンター・ソルジャー セバスチャン・スタン キャプテンの相棒にして、子供時代からの無二の親友。前々作で作戦中谷底に落ち行方不明になる。しかし、既に人体実験を受け肉体強化が行われていたために左手を失う重傷を負いながらも生きており、ヒドラの暗殺者「ウィンター・ソルジャー」に改造(記憶消去、洗脳、肉体強化、戦闘用の義手を装着)された。任務時以外は不要な記憶、感情をリセットして冷凍睡眠するためキャプテン同様あまり年をとっていない。
サム・ウィルソン / ファルコン アンソニー・マッキー 今作では「レッドウィング」と呼ばれる鳥類を模した小型ドローンを背中に装備しており、偵察や戦闘支援で活躍する。翼は防弾仕様であり、必要に応じて様々な形態に変形させ、盾として使用することもできる。ソコヴィア協定には初めから反対の立場を取り、その後はキャプテン・アメリカの相棒として助力を尽くす。
クリント・バートン / ホークアイ ジェレミー・レナー ソコヴィアでの戦いの後、家族のためにチームを引退していたが、キャプテンの呼び掛けに応じ、再び戦線に戻る。今作では弓での戦闘だけでなく、弓を近接戦闘用の長尺の棒型武器に変形させる機能を見せ、それを用いた棒術を劇中初披露した。
ワンダ・マキシモフ / スカーレット・ウィッチ エリザベス・オルセン かつてはヒドラの人体実験に自ら志願し、現在の能力を手に入れたが、ソコヴィアでの戦い以降、自身の力が無関係の人間に被害をもたらすことに臆病になっている。本心では一人の普通の人間として見てもらうことを望んでおり、作中でたびたび苦悩している様子が描かれる。
スコット・ラング / アントマン / ジャイアントマン ポール・ラッド 単独主演作『アントマン』にて、ファルコンと戦闘した縁からスカウトされスティーブ側につく。スーツが『アントマン』の時のものから変更されており、ヘルメットの赤いラインがなくなり、若干スマートな外観になっている。身体のサイズを切り替える能力は、縮小のみならず巨大化も可能になっているが、過去に一度だけ巨大化を試みた際、巨大化を解いた直後に気絶してしまった模様。キャプテン・アメリカのファンだったらしく会った早々に長々と握手をしていた。
トニー・スターク / アイアンマン ロバート・ダウニー・Jr 本作では、ソコヴィアでの事件以降戦線から退いていたものの、これまでの戦いで犠牲者を出したという自責の念からソコヴィア協定に賛成の立場を取り、図らずもキャプテン・アメリカと対立することになってしまう。今作では、スーツの各関節に小型アーク・リアクターを設置した新型スーツ「マーク46」を装着する他、戦闘用の手袋に変形する腕時計も所有している。
ナターシャ・ロマノフ / ブラック・ウィドウ スカーレット・ヨハンソン 過去にKGBに所属していた過去を持つスパイ。徒手格闘や暗器の扱いに長ける。アベンジャーズ存続のために、ソコヴィア協定への署名に逡巡する素振りを見せるが、最終的には同意した。その一方で、キャプテンの心情も理解しており、我の強いトニーに対して苦言を呈することも。
ジェームズ・”ローディ”・ローズ / ウォーマシン ドン・チードル 今作では、新たに「マーク3」を装着している。各国が賛同しているという理由から、ソコヴィア協定に賛成の立場を取る。
ティ・チャラ/ブラックパンサー チャドウィック・ボーズマン ワカンダ王国の王子で、ティ・チャカ国王の息子。ヴィブラニウム製の黒豹を模したスーツを装着して戦うヒーロー。自他ともに認める政治嫌いで、ソコヴィア協定には立場上賛成していたが、当初は「多数よりも少数の方が物事を容易に決めることができる」と、キャプテン側にも理解を示していた。
ヴィジョン ポール・ベタニー これまでの戦いによる被害を独自に分析した上でソコヴィア協定は妥当と判断し、トニー側に着く。普段は人間性を学ぶ為に衣服を着用し、料理にも挑戦している。自らの能力に悩むワンダを彼なりに気にかけている。
ピーター・パーカー / スパイダーマン トム・ホランド 今作の約半年前頃から、ニューヨークで自作のコスチューム姿でヒーロー活動を行っていた少年。その活躍を映像で見たトニーにスカウトされた。スカウト後に新調されたスーツでその身を包んで、アイアンマン側に加勢する。俊敏さと怪力、自作のウェブシューターを合わせたトリッキーな戦闘スタイルで戦うも、おしゃべりで無駄口が多く敵味方双方から呆れられる場面もある。

 

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカの概要とストーリー

<概要>

友情が、友情を引き裂く―

監督は前作『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』を手掛けたアンソニー・ルッソとジョー・ルッソ。
製作は、数々のマーベル・スタジオ作品を大ヒットさせているケヴィン・ファイギ。
キャストには、クリス・エヴァンス、ロバート・ダウニーJr.、スカーレット・ヨハンソンら豪華俳優陣が再び勢ぞろい。
さらに、本作でついに参戦するスパイダーマン役にはトム・ホランド、
新たに登場するアフリカの小国ワカンダの超人的戦士ブラックパンサー役にチャドウィック・ボーズマン、
新戦力のアントマン役のポール・ラッドを加え、セバスチャン・スタン、アンソニー・マッキー、
ドン・チードル、ジェレミー・レナーら豪華布陣が揃い、全世界の人々を熱くするエンターテイメントを創りあげています!

マーベル・スタジオ作品との数々のストーリー・リンクはもちろん、
スパイダーマンなどの魅力的な新キャラクターの登場や、
それぞれの選択により引き裂かれる仲間との絆や人間としての弱さ等が描かれる、
前作よりもスケールアップしたダイナミックな世界観のアクション超大作!

<ストーリー>

人類の平和を守るためのアベンジャーズによる戦いは、全世界に拡大。
多くを救う反面、その人的・物的被害は膨大なものになり、
ついにアベンジャーズは国際的な政府組織の管理下に置かれる事態に。

一般市民を危険にさらしたという、罪の意識を持つアイアンマンことトニー・スタークと、
自らの行動は自らが決めるべきという信念のキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャースは、それに強く反発する。

彼らの対立が生み出す一触即発の緊張の中、壮絶なテロ事件が発生。
犯人として、キャプテン・アメリカのかつての親友ウィンター・ソルジャーことバッキーが指名手配された。
“過去”を共にした無二の親友か、未来を共にするはずのアイアンマンら仲間との友情か。

ふたつの絆で揺れるキャプテン・アメリカの決断は、
最強チーム<アベンジャーズ>を二つに引き裂く“禁断の戦い”を告げるものとなるのだった…

 

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカの予告/トレイラー

 

無料映画 視聴リンク

以下リンクから、シビル・ウォー/キャプテン・アメリカを無料で視聴することが可能です。
動画視聴のリンク先はstreamin.toとなっております。

無料映画リンク:シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ:字幕

 

0

 likes / 0 Comments
Share this post:
公開日:2016/08/30
更新日:

Archives

> <
Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec
Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec