13
7月-2016

【無料映画】戦場のピアニスト | The Pianist

ドラマ, 伝記, 洋画   /   Tags:

洋画:戦場のピアニストのポスター画像

この記事では映画:戦場のピアニストの様々な情報と、無料で視聴出来るリンクを紹介しております。

無料映画:戦場のピアニスト情報

公開日 2003年2月15日(日本)
監督 ロマン・ポランスキー
脚本 ロナルド・ハーウッド、ロマン・ポランスキー
原案
原作 ウワディスワフ・シュピルマン
製作 ロマン・ポランスキー、ロベール・ベンムッサ、アラン・サルド
音楽 ヴォイチェフ・キラール
上映時間 150分
ジャンル 伝記、ドラマ
評価 8.5 / 10(493,665人の評価)

 

戦場のピアニストのキャスト情報

役名 俳優/女優 俳優/女優情報
ウワディスワフ・シュピルマン:ウェイディク エイドリアン・ブロディ アメリカ合衆国の俳優
ヴィルム・ホーゼンフェルト陸軍大尉 トーマス・クレッチマン ドイツの俳優
ドロタ エミリア・フォックス イギリスの女優
ユーレク ミハウ・ジェブロフスキー ポーランドの俳優
ヘンリク エド・ストッパード イギリスの俳優
フランク・フィンレー イギリスの俳優
モーリン・リップマン イギリスの女優
ナチス親衛隊将校 ワーニャ・ミュエス ドイツの俳優

 

戦場のピアニストの概要とストーリー

<概要>

ナチスのホロコーストを生き抜いた実在のユダヤ系ピアニストの半生を描く、
2002年カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作。

『チャイナタウン』『テス』などで名高い巨匠ロマン・ポランスキー監督が、
ポーランドの国民的ピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの回想録を映画化。

幼少時をゲットーで過ごし、母を収容所で亡くした経験を持つ監督自身の原体験に回帰した渾身の一作。
主演のエイドリアン・ブロディが、代役なしで臨んだピアノ演奏シーンは圧巻。

2002年のカンヌ映画祭においてパルムドールに輝いた『戦場のピアニスト』は、
ロマン・ポランスキー監督が指揮することを運命づけられた映画である。

幼少時代をナチス占領下のポーランドで過ごしたポランスキー監督こそが、
ユダヤ系ポーランド人のピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマン(エイドリアン・ブロディ)の
自伝を映画化するに相応しい唯一の人物と言える。

ナチスのワルシャワ侵攻を目の当たりにし、死の収容所送りを奇跡的に逃れたシュピルマンは、
ゲットーの廃墟に身を隠すことで第二次世界大戦を生き延びる。

ナチスのホロコーストを映画化したこれまでの作品とは異なり、主人公の視点から忠実に描写され、
ポランスキー監督によって壮大なスケールで戦争を描いた奥行きのある叙事詩となっており、
シュピルマンが希望を捨てずに粘り強く生き延びる様子と、
彼が逃げ出すことを拒んだ街が徹底的に破壊される様子とを対比して浮かび上がらせている。

一切の妥協を排して肉体的、感情的な真実性を追求することにより、
『戦場のピアニスト』は希望と精神的純潔性の究極的な調べを奏でている。

『シンドラーのリスト』と同様に、人間性の最も暗い部分を描き出した偉大な映画の中の1作である。

<ストーリー>

1930年代後半、ポーランドはワルシャワ。
ユダヤ人、ウワディスワフ・シュピルマンはピアニストとして活躍していた。

しかし1939年9月、その生活が一変する。
第二次世界大戦が勃発し、ナチスドイツはポーランド侵攻を開始、
シュピルマンが公開録音をしていたラジオ局はドイツ空軍による突然の爆撃を受け倒壊する。

なんとか脱出したシュピルマンは混乱の中で、
友人ユーレクの妹ドロタと出会い、以降、僅かばかりの友好関係を築く。

帰宅した彼は、イギリスとフランスがドイツに対して宣戦布告をしたことを海外のラジオ放送で知り、
戦争は早期に終結すると信じて家族と共に喜ぶのだが・・・。

 

戦場のピアニストの予告/トレイラー

 

無料映画 視聴リンク

以下リンクから、戦場のピアニスト を無料で視聴することが可能です。
動画視聴のリンク先はstreamin.toとなっております。

無料映画リンク:戦場のピアニスト:吹き替え

 

0

 likes / 0 Comments
Share this post:
公開日:

Archives

> <
Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec
Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec