17
6月-2016

【無料映画】バッファロー’66 | Buffalo ’66

洋画 : バッファロー '66のポスター画像

この記事では映画:バッファロー ’66の様々な情報と、無料で視聴出来るリンクを紹介しております。

無料映画:バッファロー ’66 情報

公開日 1999年7月3日(日本)
監督 ヴィンセント・ギャロ
脚本 ヴィンセント・ギャロ、アリソン・バグノール
原案 ヴィンセント・ギャロ
原作
製作 クリス・ハンレイ、マイケル・パセオネック、ジェフ・サックマン
音楽 ヴィンセント・ギャロ
上映時間 110分
ジャンル コメディ、犯罪、ドラマ
評価 7.5 / 10(36,317人の評価)

 

バッファロー ’66のキャスト情報

役名 俳優/女優 俳優/女優情報
ビリー・ブラウン ヴィンセント・ギャロ アメリカ合衆国のミュージシャン・画家・俳優・映画監督
レイラ クリスティーナ・リッチ アメリカ合衆国の女優
ジミー(ビリーの父) ベン・ギャザラ アメリカ合衆国の俳優
ジャン(ビリーの母) アンジェリカ・ヒューストン アメリカ合衆国の女優
ウェンディ・バルサム ロザンナ・アークエット アメリカ合衆国の女優
フットボール賭博のノミ屋 ミッキー・ローク アメリカ合衆国の俳優、元プロボクサー
ソニー ジャン=マイケル・ヴィンセント アメリカ合衆国の俳優

 

バッファロー ’66の概要とストーリー

<概要>

ヴィンセント・ギャロを一躍スターダムに押し上げたラブ・ストーリー。
愛を知らないアナーキーな男と、彼に惹かれる女の寡黙な愛を描く。

グレーを基調にしたビジュアルや独特のスロー描写など、他に類を見ないアーティスティックな作風が見もの。
俳優ヴィンセント・ギャロが監督・脚本・音楽・主演の4役をこなしたオフビートな人間ドラマ。

ミニシアターで公開され、その斬新な感覚が若者に圧倒的な支持を得た。
独特のカット割りや色彩感覚にセンスが光る。
ヴィンセント・ギャロがエキセントリックで屈折したビリーの深い孤独を、切ないほどリアルに体現している。

レイラを演じているのは『アダムス・ファミリー』のクリスティーナ・リッチ。
まだあどけなさが残りながらも官能的で母性愛あふれる少女を演じ、
この作品を一層魅力的なものにしている。心温まるラストがたまらない。

<ストーリー>

5年の刑期を終え、刑務所から釈放されたビリー・ブラウンは、
ニューヨーク州バッファローの実家に戻ろうとするが、
長年の溝がある両親には電話で刑務所にいたことは話しておらず、
電話で「政府の仕事で遠くまで行っていた」と偽り、
さらに勢いで「フィアンセを連れて帰る」と嘘を並べてしまう。

フィアンセどころかガールフレンドもいないビリーは、
トイレを借りた建物の中のダンス教室でレッスン中だった、
少女レイラを拉致して、自分の妻のふりをするよう脅迫する。
しかしビリーには実家に戻るだけでなく、バッファローでほかに真の目的もあった・・・。

 

バッファロー ’66の予告/トレイラー

 

無料映画 視聴リンク

以下リンクから、バッファロー ’66を無料で視聴することが可能です。
動画視聴のリンク先はstreamin.toとなっております。

無料映画リンク:バッファロー ’66:字幕

 

0

 likes / 0 Comments
Share this post:
公開日:

Archives

> <
Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec
Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec