11
5月-2016

【無料映画】クラッシュ | Crash

ドラマ, 洋画   /   Tags:

洋画 : クラッシュのポスター画像

この記事では映画:クラッシュの様々な情報と、無料で視聴出来るリンクを紹介しております。

無料映画:クラッシュ 情報

公開日 2006年2月11日(日本)
監督 ポール・ハギス
脚本 ポール・ハギス、ボビー・モレスコ
原案 ポール・ハギス
原作
製作 ポール・ハギス、ドン・チードル、ボビー・モレスコ、キャシー・シュルマン、ボブ・ヤーリ
音楽 マーク・アイシャム
上映時間 112分
ジャンル ドラマ
評価 7.9 / 10(357,296人の評価)

 

クラッシュのキャスト情報

役名 俳優/女優 俳優/女優情報
グラハム ドン・チードル ロサンゼルス市警察の黒人刑事。白人刑事が黒人刑事を射殺した事件の担当者として、難しい決定を迫られる。
リア ジェニファー・エスポジート グラハムのパートナーであり、恋人。ヒスパニック系。
ライアン マット・ディロン 勤続17年の白人巡査。職務に忠実だが人種差別主義者であり、黒人に対する嫌がらせをしている。その反面、具合の悪い父親を一人で面倒を見ている。
トム ライアン・フィリップ ライアンの相棒。ライアンの差別的な態度に嫌気が差し、配置換えを望んでいる。
リック ブレンダン・フレイザー 白人のロサンゼルスの地方検事。アンソニーとピーターに車を奪われる。役職上有権者(特に黒人票)の目を常に気にしている。
ジーン サンドラ・ブロック リックの妻。白人。黒人によるカージャックに遭ってからマイノリティに対する偏見を募らせるが、階段から落ちた時、ヒスパニック系のメイドに助けられる。
フラナガン ウィリアム・フィクトナー リックの側近。グラハムに取引を持ちかける。

 

クラッシュの概要とストーリー

<概要>

タイトルの「クラッシュ」とは、「ぶつかり合う」こと。
肉体的、物理的なクラッシュから、心と心の触れ合いまでが含まれる。

『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本家であるポール・ハギスが
監督・脚本の本作は、ロサンゼルスでの2日間の人間ドラマを、
心に突き刺さるほどの「クラッシュ」とともに描いていく。

登場人物は、地方検事とその妻、黒人刑事と同僚でスペイン系の恋人、
TVディレクター夫妻、雑貨店を営む家族、鍵の修理屋など、さまざまな階層・人種。職業だ。

無関係のようにみえた人々が、人種間の偏見、
そこから生まれる憎悪が引き起こす事件によって結びつけられる。
急展開ながら、登場人物の交通整理のうまさに引き込まれるのだ。

警官からセクハラまがいの仕打ちを受けた女性が、
その後、彼と思わぬかたちで再会するシーンなど、何カ所か、
本当に背筋の奥までゾクッとさせるショッキングな描写もある。
俳優たちも、ほかの出演作とは明らかに違う迫真の演技を披露し、最後まで観る者の目を釘付け。

全編に漂うのは、いまだに差別に満ちたアメリカの現実だが、
ラストシーンでわずかに残される希望が、静かな余韻を残す。

<ストーリー>

クリスマスを間近に控えたロサンジェルス。
黒人刑事グラハムとその同僚でヒスパニックの恋人リアは、
交通事故に巻き込まれ、近くで黒人男性の死体が発見されたことを知る。

その前日、雑貨店を経営するペルシア人のファハドは、
娘のドリと一緒に店が荒らされるため護身用の銃を買いに行くが、
イラク人と間違われて不愉快な思いをする。

その夜、若い黒人男性のアンソニーとピーターは、
自分たちに怯えた白人女性ジーン(サンドラ・ブロック)と、
地方検事の夫リック(ブレンダン・フレイザー)を拳銃で脅し、車を奪う。

さらに、白人警官ライアン(マット・ディロン)は、
同僚のハンセン(ライ­アン・フィリップ)を連れ、
裕福な黒人夫婦(テレンス・ハワード、タンディ・ニュート­ン)の車を止め、
セクハラまがいの身体検査をする。

やがて彼らの人生は思いがけない形で交錯、大きく狂い始める…。

 

クラッシュの予告/トレイラー

 

無料映画 視聴リンク

以下リンクから、クラッシュを無料で視聴することが可能です。
動画視聴のリンク先はstreamin.toとなっております。

無料映画リンク:クラッシュ:吹き替え

 

0

 likes / 0 Comments
Share this post:
公開日:

Archives

> <
Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec
Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec