19
1月-2016

【無料映画】エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン | El Bulli: Cooking in Progress

洋画 : エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストランのポスター画像

【映画:エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン 情報】

放送開始 :2012年10月8日(日本)
監督       :ゲレオン・ヴェツェル
ジャンル :ドキュメンタリー
評価       :☆6.3 / 10(902人のレビュー)
※この評価は記事投稿時の評価となります。

【キャスト】

フェラン・アドリア(オーナーシェフ、共同経営者)

1962年生まれ。バルセロナに近いロスピタレート・デ・リョブレガート出身。80年イビサ島にあるホテルで食器洗いから始め、スペインの伝統料理を学ぶ。
その後バルセロナに戻りレストランやバールを転々とし、バルセロナで1、2を争う高級レストラン、フィニステレに入店。
83年エル・ブリのインターンシップ「ステージ」を受け、オーナーのジュリ・ソレールと出会う。
フェランの非凡な才能を見抜いたジュリは、彼に部門シェフのポジションを与える。早々と昇進を果たし、クリスチャン・ルトーとともに料理長を務める。
フェランはフランス各地の最高級レストランを訪問し研究を重ね、87年遂に単独で料理長を任される。
独自のスタイルはこの頃からはじまり、後にエル・ブリは世界で最も影響力のあるレストランになる。料理を芸術にまで高めた功績を称えられ、フェランは様々な賞を受賞している。

オリオール・カストロ (料理研究家、試作担当)

1974年生まれ、バルセロナ出身。スペイン・マンレサの料理学校とバルセロナ・パティスリー組合の専門学校で学ぶ。
エル・ブリには、95年に初めてパティシエの見習いインターンとして参加。97年に温かいオードブルの部門シェフを任され、その冬には新メニュー開発の担当に。
98年以降はクリエイティブ・チームの主要メンバーである。現在はエドゥアルド・チャトルックとマテウ・カサナスと共に料理長を務める。

エドゥアルド・チャトルック(主任シェフ)

1981年生まれ。スペイン、タラゴーナのビラ・セカ出身。カンブリルスにある料理学校で学ぶ。
数々のインターンを経験し、エル・ブリには98年に初めて足を踏み入れる。
00年3月にライン・シェフに昇格したのと同時に正式スタッフに加わり、現在はオリオール・カストロとマテウ・カサナスと共に料理長の役割を任されている。
フェラン・アドリアや仲間と、オフシーズンは次シーズン用のアイディアを練る。購買の責任者であり、新商品を探す責任者でもある。

【概要 : あらすじ】

料理界の革命児、フェラン・アドリア率いるシェフ達の知られざる厨房に密着した貴重なドキュメンタリー。
新メニュー完成からお披露目に至る、その緻密なプロセスの全て。

「エル・ブリ」をご存知だろうか。
美食家や食に興味を持っている人ならともかく、詳しく知らない人は多いだろう。
エル・ブリは、スペイン・バルセロナから高速で約2時間ほど離れたカタルーニャ地方にある三つ星レストラン。
45席しかないシートに世界中から年間200万件もの予約希望が殺到する<世界一予約のとれないレストラン>である。

カラ・モンジョイという美しく小さな入り江に面したこのレストランの厨房を仕切るのは、オーナーシェフのフェラン・アドリア。
<世界でもっとも革新的なシェフ>と称され、食の世界に旋風を巻き起こし続けるカリスマだ。
たとえば、亜酸化窒素ガスを使いあらゆる食材を泡状にする調理法、エスプーマの開発や、ミキサーにかけた様々な食材をカラフルな球体にすることなど様々な調理法や器具も考案している。
また日本古来の食材、ゆずの魅力を世界中に広めた功績はつとに有名だ。

「常に客に驚きを提供する」という強いこだわりを持つ彼は、先進的な手法を模索しながらときに科学との融合も試み、斬新なアイディアを用いて食の固定観念を打ち破ってきた。
しかし、’11年1月、突然、同年7月30日をもってレストラン業務を終了することが発表された。
このニュースは世界中を駆け巡り、食の世界ばかりか食に関係のない業界にも大きな衝撃を与えることに。
とはいえ、食の研鑽に憑かれた彼の闘いに終止符が打たれたわけではない。
今後はエル・ブリを“料理研究財団”に変え、コンテンポラリー料理のさらなる進展のために心血を注ぐという。

本作は伝説のレストラン、エル・ブリの裏側にカメラが密着した貴重なドキュメンタリーだ。
通常は4月初めから秋までのオープン期間を変更し、初めて7月から冬まで営業をするという新しい試みの準備過程を記録したものである。

冬に旬を迎える食材を意識し、アトリエでの新しい料理の開発と研究、レストランでのクリエイティブな作業、そして新メニュー完成からお披露目に至るまで。
それらの緻密なプロセスには例年以上に神経が注がれ、ただならぬ意欲に燃えている。
その姿には、食に興味のある人はもちろんまったく関係のない人も驚き、興味をかき立てられるのは必至だろう。

映画は、スタッフによって荷造りされた様々な調理器具がバルセロナにある料理研究用のアトリエに運ばれるところから始まる。
ドイツ生まれのゲレオン・ヴェツェル監督は余計な演出を削ぎ落とし、フェランとそのスタッフの動きと会話、多彩な食材とその調理の姿を追いながら、彼らの苦悩と焦燥、新しい物を生み出すことの喜びと達成感をフィルムに焼き付け、「エル・ブリ」の神髄を伝えている。
飽くなき食への探求で生み出されるものは、料理を超えて、もはや芸術である。

―――――さぁ、エル・ブリの厨房へようこそ―――――

【エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン トレイラー】

【無料 – 映画視聴リンク – 】
以下リンクから、エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストランを無料で視聴することが可能です。

無料映画リンク:エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン:字幕

 

0

 likes / 0 Comments
Share this post:
公開日:2016/01/19
更新日:

Archives

> <
Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec
Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec