19
7月-2016

【海外ドラマ】ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン3 | House of Cards Season3

海外ドラマ:ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン3のポスター画像

この記事では海外ドラマ:ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン3の様々な情報と、無料で視聴出来るリンクを紹介しております。

無料海外ドラマ:ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン3 情報

公開日 2015年~
監督 ジェームズ・フォーリー、ロビン・ライト、ジョン・デイビット・コールズ
脚本 アンドリュー・デイビーズ、マイケル・ドブズ、ボー・ウィリモン
原案
原作 イギリスでテレビ放映されたドラマシリーズ『野望の階段』
製作 デイナ・ブルーネッティ、ケヴィン・スペイシー、ボー・ウィリモン
音楽 ジェフ・ビール
シーズン 3(全13話)
ジャンル ドラマ
評価 9.0 / 10(287,181人の評価)

 

ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン3のキャスト情報

役名 俳優/女優 役情報
フランシス・アンダーウッド ケヴィン・スペイシー 主人公。サウスカロライナ州第5選挙区選出の下院議員で、アメリカ民主党の下院多数党院内幹事
クレア・アンダーウッド ロビン・ライト フランクの妻。NPO法人クリーンウォーター(CWI)の代表
ゾーイ・バーンズ ケイト・マーラ 大手新聞ワシントン・ヘラルドの入社1年目である新人記者
ダグラス・スタンパー マイケル・ケリー フランクの腹心である議員スタッフで、ボスのためには何でもする切れ者
ピーター・ルッソ コリー・ストール ペンシルバニア州第1選挙区選出の下院議員
ギャレット・ウォーカー ミシェル・ギル 第45代アメリカ合衆国大統領
ジム・マシューズ ダン・ジスキー アメリカ合衆国副大統領
リンダ・バスケス サキナ・ジャフリー アメリカ合衆国大統領首席補佐官としてウォーカー大統領のもと、ホワイトハウスの職員たちを率いる
キャサリン・デュラント ジェイン・アトキンソン ミズーリ州選出の上院議員。後にフランク政権でのアメリカ合衆国国務長官

 

ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン3の概要とストーリー

<概要>

2人の大物が強力タッグを結成。
ホワイトハウスを舞台に、裏切りと報復のストーリーが展開!!

ハリウッドを代表する2人の大物が手を組んだ。
1人は『ソーシャル・ネットワーク』(10)、『ドラゴン・タトゥーの女』(11)など、
世界に衝撃を与え続ける鬼才、デヴィッド・フィンチャー監督。

そしてもう1人は、『セブン』(95)でフィンチャー監督と組み、
『ユージュアル・サスペクツ』(95)でアカデミー賞の助演男優賞に、
『アメリカン・ビューティー』(99)で同賞の主演男優賞に輝いた、当代を代表する実力派男優、ケヴィン・スペイシー。

2人が挑んだプロジェクトは、近年ハリウッドで映画以上に、
エキサイティングなエンタテインメントとなったドラマシリーズ。
そこは現在、映画界の大物や異才、人気スターが、
“映画では行けない”新たな高みに到達すべく、旺盛な創造意欲をぶつける場所になっている。

ここを通らずしてキャリアを前進させられるクリエイターは、もういない。
フィンチャーが第1・2話の監督を、スペイシーが主演を務めると共に、
2人が製作総指揮まで買って出た話題の最新ドラマシリーズ大作が、この『ハウス・オブ・カード 野望の階段』だ。

スペイシー演じる主人公フランクは、ホワイトハウス入りを夢見てきた政治家。
自分が支持する候補が大統領になった時、夢は叶うと喜んだが、
新大統領を始めとする権力者たちはフランクを裏切り、その出世を拒む。

しかし、そんな状況に甘んじるほどフランクは臆病じゃない。
むしろ逆境に置かれたことで、フランクの底知れない闘争心に火がつく。

“俺の敵はホワイトハウス”。
強大な権力を盾にかざす国家の中枢に、フランクは大胆不敵に斬り込んでいく。
武器は2つ。緻密な知略と、平気で他者を犠牲にできる無慈悲のハート。
利用できるものはすべて利用する報復の戦いに、フランクは飛び込んでいく。
プライドとキャリアの両方を傷つけられた男の野心に、熾烈な駆け引きや運命のいたずら、
男女の欲望などが複雑に絡んだストーリーは、一度見始めると止まらなくなる面白さ。
日本の流行語“倍返し”を思い出させながらも、展開のスケールはまさにハリウッド級だ。

<ストーリー>

大統領となったフランクは支持率が低迷する中で再選を目指し、
違法すれすれの予算転用で失業者救済プログラム”アメリカ・ワークス”を推進する。

中東をめぐる外交闘争ではロシア大統領と渡り合うが、
国連大使に抜擢したクレアは経験不足による失点を重ねて辞職する。
大統領予備選で女性候補ヘザー・ダンバーにリードされたフランクは、
旧知の女性議員ジャッキー・シャープを第三の候補として立候補させダンバーを攻撃させる。

だがフランクのあまりの冷酷さにシャープは裏切ってダンバーを支持し、
シャープの元恋人で大統領首席補佐官のレミー・ダントンは辞職する。
レイチェルに大怪我をさせられたスタンパーは後遺症に苦しんでフランクから遠ざけられ、
一時はダンバーのために働くが、ダンバーを欺いてフランクのもとに戻り首席補佐官となる。

スタンパーはレイチェルを探し出し、躊躇しながらも殺す。
クレアは選挙戦の前面に出て闘うが、単なる道具として使われる事に不満を募らせ、選挙戦の最中にフランクのもとを去る。

 

ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン3の予告/トレイラー

 

エピソードリスト

第1話 第27章 | Chapter 27

2014年、大統領に就任したフランク・アンダーウッドは父の墓を訪れ、密かに墓に小便をする。
重傷を負ったダグ・スタンパーが発見され、手術と長いリハビリを受ける。
レミー・ダントンがアメリカ合衆国大統領首席補佐官を務め、ドナルド・ブライスが副大統領になっている。
就任後の半年間で、マスコミはフランクにウォーカーと同じく非効率で指導力に欠けるというレッテルを貼っている。
2016年の大統領選を目指して政治家たちが動き始める。
フランクは事態打開のため、”アメリカ・ワークス”という雇用促進プログラムを進める。
ギャヴィン・オルセイはFBIのために働くようになっている。
スタンパーは、オルセイにパスポートを再交付することと引き換えに、自分を殴って車を盗んだレイチェルを探してくれとオルセイに頼む。
クレアはアメリカ合衆国国際連合大使就任を目指す。フランクは中東で無人機による空爆を承認し成功する。
スタンパーは苦痛に屈してバーボンを摂り、禁酒の誓いを破る。

第1話 無料動画リンク : ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン3-1話

 

第2話 第28章 | Chapter 28

クレアは国連大使任命のため上院委員会で証言するが、軽率な発言をして大使には向かない短気な性格の印象を残す。
フランクはアメリカ・ワークスの件で民主党の幹部と面会するが、
2016年の大統領選挙に立候補してほしくないと言われ、そこにはジャッキー・シャープもいる。
ダントンはフランクに頼まれてシャープに会い、誰が民主党の大統領候補になりそうなのか探る。
シャープは以前ウォーカー大統領の弾劾に協力したことを持ち出し、次の副大統領になりたいと言う。
フランクとクレアは電話をかけまくる。フランクは資金提供者を探し、クレアは自分の大使任命を支持してくれる上院議員を探す。
深夜まで二人は電話をかけるが上手くいかない。翌日、上院はクレアの任命を否決する。
フランクは民主党幹部と会い、2016年の大統領選に出馬しないかわりにアメリカ・ワークスへの支持を求める。
フランクはアメリカ・ワークスの詳細と、次期大統領選不出馬を公式に発表する。
クレアは休会任命により大使になりたいと言い、フランクは支持すると言う。

第2話 無料動画リンク : ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン3-2話

 

第3話 第29章 | Chapter 29

抗議のデモがホワイトハウスを取り巻く中、ロシア大統領のヴィクトル・ペトロフがフランクに会う。
フランクはイスラエルの共同防衛を提案するが拒否される。
国務長官のキャサリン・デュラントと国連大使になったクレアも提案をロシアに受け入れさせようとする。
ディナーでロシア人のゲストがペトロフを侮辱する。ペトロフは一晩中クレアにいちゃつき、キスをする。
地下室でフランクとペトロフが葉巻を吸う間、デュラントとクレアはビアポンをする。
クレアはペトロフに対する不信の念をデュラントにもらす。
一方、ペトロフはロシア軍をイスラエル防衛に送る見返りに、ヨーロッパの全防衛ミサイルの撤去を望む。
フランクは妥協案を提示するが、ペトロフは拒否し、交渉は決裂する。
クレアとデュラントは、合衆国がイスラエルに軍を派遣できるように、国際連合安全保障理事会でロシアの拒否権を回避する計画を練る。
スタンパーはオルセイに頼んでレイチェルを探す。

第3話 無料動画リンク : ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン3-3話

 

第4話 第30章 | Chapter 30

フランクが命令した無人機による空爆で兵士が負傷し、
アメリカ合衆国訟務長官ヘザー・ダンバーは合衆国最高裁判所で政府を擁護する。
クレアは国際連合安全保障理事会にイスラエル関連の決議を提出するが、予想通りロシアが拒否権を発動して否決される。
最高裁判事のジェイコブスはアルツハイマー型認知症と診断されて引退を希望していたが、フランクはジェイコブスの留任を求めていた。
2016年の大統領選でダンバーが民主党候補となることを妨害するため、フランクはダンバーにジェイコブスの後任の席を提供し、受諾される。
だがジェイコブスは辞職を渋り、負傷した兵士に謝罪するも許してもらえず傷ついたフランクは、断固とした態度をとることが出来ない。
オルセイは秘密裏にFBIでレイチェルを捜索し続け、あやうく露見しそうになる。
スタンパーが手掛かりを持っていないため、オルセイはレイチェルの友達のリサ・ウィリアムズに偽名で接近する。
ロシア政府は、イスラエル関連決議の報復として、LGBT活動家のマイケル・コリガンを逮捕する。
セス・グレイソンは、記者会見でフランクに恥をかかせたアイラ・サヤドのホワイトハウス担当記者資格を取り消す。
フランクの意図に気付きいたダンバーは公式に大統領選出馬を発表する。
フランクに遠ざけられたスタンパーは、ダンバーの選挙陣営に加わろうと申し出る。フランクは宗教に安らぎを求めるが得られない。

第4話 無料動画リンク : ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン3-4話

 

第5話 第31章 | Chapter 31

フランクはコロンビア特別区の市長からアメリカ・ワークスへの支持を得る。
アメリカ合衆国国土安全保障長官を更迭し、FEMAを直接指揮して予算をアメリカ・ワークスに転用する。
ダンバーがフランクにかけている圧力をそらすため、フランクはシャープに2016年の大統領選に出馬して、自分を攻撃してほしいと言う。
見返りに、ダンバーが選挙戦から消えた後にはシャープを副大統領にすると約束する。
シャープは、未婚であるために支持が得られないかもしれないとダントンに語る。スタンパーはダンバーのもとで働こうと自分を売り込む。
アイラ・サヤードの代わりにケイト・ボールドウィンがウォールストリート・テレグラフのホワイトハウス担当記者となる。
ロシアが武器をイランに売却すると脅し、イスラエルに続いてパレスチナもまた平和維持決議案への支持を取り下げる。
コンセンサスが得られないため、クレアは決議案を取り下げる。
メンドーザとバーチはフランクに会い、共和党と民主党はそろって下院でアメリカ・ワークスに反対すると言う。
シャープはアラン・クックと婚約し、ダントンは悲しむ。
スタンパーは、クレアが暴行事件に関して嘘をついた事を証明する書類をダンバーに見せ、大統領夫妻に対する武器になると言う。
ダンバーは断るが、スタンパーを雇うことにする。クレアは、平和維持決議案への支持を得るために、大統領令でイスラエルに部隊を展開するようフランクに求める。
これを聞いたロシアは平和裏に妥協案を話し合うことに合意し、コリガンを釈放する。

第5話 無料動画リンク : ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン3-5話

 

第6話 第32章 | Chapter 32

フランクとクレアは交渉のためにモスクワに飛ぶ。
リサはオルセイの過去について尋ねるが、マックスと名乗るオルセイは感情を抑えられず立ち去る。
クレアは牢の中のコリガンに会い、違法活動をロシアに謝罪するのが釈放の条件だと言う。
コリガンは拒否し、ロシアが同性愛者を差別する法律を改正しない限り、自由にはならなくてもよいと言う。
一方、両国の合意した声明をコリガンが出さない限り、ペトロフはコリガンの釈放を認めず、国連決議の交渉もしようとしない。
コリガンが条件に合意するまで、クレアはコリガンの牢に留まる。オルセイは病院で性病検査を受ける。
検査結果は陰性だったが、オルセイは陽性であったとリサに嘘をついて同情を呼び、レイチェルにつながる情報を聞き出す。
ペトロフは、個人的には同性愛を禁じる法律に反対だが、伝統と国民感情を重んじるがゆえに、法律を順守せざるを得ないとフランクに認める。
牢内で夕食をとりながら、コリガンは自分の結婚は上手く行ってないが、
活動のため離婚は出来ないとクレアに言い、クレアの結婚も似たようなものだろうと言う。
フランクとペトロフは、フランクの出す声明および国連決議について合意する。牢内でクレアが眠りに落ちた間、コリガンは首をつりクレアは動揺する。
記者会見で、ペトロフとフランクが合意を発表する前に、クレアが発言を許される。
コリガンとの会話を思い出したクレアはロシアの法律を非難して会見の席を立ち、混乱したフランクは後を追う。
ペトロフはフランクとの合意を反故にする。帰りの飛行機で、フランクとクレアは言い争う。

第6話 無料動画リンク : ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン3-6話

 

第7話 第33章 | Chapter 33

モスクワから帰ってもフランクとクレアの間は緊張する。文化交流でホワイトハウスに滞在するチベット僧がマンダラを描く。
フランクはアメリカ・ワークスの本を書かせるために雇ったトマス・イェイツと親しくなり、
夜遅くまで一緒に酒を飲みゲームをするが、クレアは気に入らない。
会議でフランクは、決議を妨害するイスラエルを、ジンバブエを買収することで出し抜くと言うクレアの案を退け侮辱する。
オルセイはレイチェルがサンタフェにいることを突き止め、スタンパーに教える。スタンパーは、レイチェルに似た治療士と一夜を過ごす。
フランクはアメリカ・ワークスがコロンビア特別区で失業者を減らしたことをラジオ演説で誇り、全国への拡大ともに社会保障の変革を訴える。
フランクは先に退けたクレアの案を支持する。

モスクワから一月後、フランクとクレアはフランクの故郷の教会で結婚の誓いを確認し合う。
フランクはイェイツに掃除婦だった母親が盗みを働いていたこと、クレアなしでは大統領になれなかったことを打ち明ける。
イェイツは自分の処女作は実は友人が書いた事を打ち明け、二人は信頼を深める。留守中にマンダラは完成し、チベット僧は去る。

第7話 無料動画リンク : ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン3-7話

 

第8話 第34章 | Chapter 34

巨大なハリケーンが東海岸に迫るが、アメリカ・ワークスのために予算を転用されたFEMAは予算不足に直面する。
議会の共和民主両党は、アメリカ・ワークスへの支出を凍結する条件でFEMAへの緊急支出法案を提出し、
多くの知事も支持するが、フランクは諦めきれない。
ダンバーとシャープは、ハリケーンの危機の間は選挙活動を棚上げすると共同で発表する。
アメリカ・ワークスのおかげで皿洗いの職についているフレディーとその孫を、フランクはホワイトハウスに招く。
フランクは緊急支出法案に署名しアメリカ・ワークスは危機に陥るが、ハリケーンは方向を転じて危険は去る。
フランクはアメリカ・ワークスの復活を訴えることで、大統領再選への出馬を発表しようと考える。

第8話 無料動画リンク : ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン3-8話

 

第9話 第35章 | Chapter 35

フランクはアイオワ州で再選キャンペーンを始める。
イェイツとボールドウィンはキャンペーンに同行するが、行事をすっぽかしてホテルの部屋で性交にふける。
ヨルダン峡谷でPKO従事中の8人のロシア兵が殺されるが、ペトロフは国連による調査を拒否する。
フランクは地元有力者のハーラン・トラウブとの会談を取りやめ、法律に反して大統領専用機に乗せて話をする。
ロシアの国連大使は事件が自演であることをクレアに示唆し、フランクはアメリカの調査団を送り込むが、待ち伏せを受けて失敗する。
オルセイは身辺に危機が迫るのを感じ、レイチェルが死んだ証拠をスタンパーに渡して、パスポートをすぐに有効にするよう迫る。
スタンパーは動揺して酒に戻り、フランクとの面会を求める。
フランクはスタンパーにストレスを与えたとダンバーを責め、ダンバーはトラウブと会談する。
ダントンは運転中に警察に止められ、身分証明書を忘れたために手荒な扱いを受ける。

第9話 無料動画リンク : ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン3-9話

 

第10話 第36章 | Chapter 36

ヨルダン峡谷へのアメリカ軍派遣に対する反発が強まり、アイオワで予備選を控えたフランクは苦戦を強いられる。
フランクはセンティネル軍事大学の友人で恋人だったティムから電話を受け、イェイツが接触を図ったことを知る。
ダントンとシャープは愛情を確認し合う。イスラエルが抜き打ちでヨルダン峡谷に飛行禁止区域を設定するが、
ペトロフは無視して現地に飛ぶと言い、フランクは自分も現地に行きペトロフと会う。
フランクがロシア軍撤退を求めると、ペトロフはアメリカ軍の同時撤退に加えてクレアの国連大使辞任を求める。
クレアは辞任する。オルセイはリサに自分の正体を明かす。スタンパーの兄一家が泊まりに来る。
イェイツは夜中にフランクに呼ばれ、自分がかつて男性相手の男娼であったと告白し、フランクと親密さを深める。

第10話 無料動画リンク : ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン3-10話

 

第11話 第37章 | Chapter 37

スタンパーは、国外に出たオルセイからレイチェルが生きている事を伝えられる。
討論会を控え、フランクはシャープに、ダンバーを性差別主義者だと非難し、子供を私立学校に通わせていることを攻撃しろと言う。
継子が私立学校に通うシャープは躊躇する。シャープはダンバーに会い、国防長官の地位を約束するなら、大統領選でダンバーを支持する用意があると言う。
だがダンバーは取引を断る。アイオワでの討論会で、シャープは両性間の賃金差を語り、ダンバーが億万長者の遺産を相続したことを強調する。
ダンバーがクレアの国連大使任命を批判すると、シャープは性差別だと非難し、ダンバーが子供を私立学校に通わせていることを攻撃する。
だがここでフランクは、シャープ自身の子供が私立学校に通うことに言及し、シャープは沈黙する。
翌日、シャープはホワイトハウスでフランクに侮辱され、動揺した様子を見せる。
予備選からの離脱とフランクへの支持を発表するはずの番組で、シャープはダンバーの支持を発表する。
これを見たダントンはホワイトハウスを去る。

第11話 無料動画リンク : ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン3-11話

 

第12話 第38章 | Chapter 38

アイオワ州予備選を控え、シャープに支持されたダンバーは世論調査でリードし、フランク陣営はクレアを前面に出す。
ダントンは首席補佐官を辞職し、グレイソンが後任を狙う。ダンバーは病気の最高裁判事のジェイコブスに後任を打診されるが、断る。
ダンバーはかつてスタンパーに見せられた、クレアが暴行事件で嘘をついた証拠の日誌のことをフランクに話して脅し、再選の断念を迫る。
クレアはフランクの支持者のはずの主婦を訪ねるが、シャープの支持者であることを知り、話し合ううちに気分が落ち込む。
フランクとクレアはイェイツの本の一部を読み、アメリカ・ワークスに触れず二人の結婚生活を暴露しすぎていることに気付く。
フランクはイェイツを解雇し、本の完成と出版を禁じる。イェイツはボールドウィンに本への協力を求めるが断られる。
シャープはダントンを訪ね、二人は愛を交わす。
スタンパーはフランクの前で日誌を燃やし、ダンバーに電話をしてこれを知らせ、首席補佐官となる。スタンパーはFBIにオルセイを探させる。

第12話 無料動画リンク : ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン3-12話

 

第13話 第39章 | Chapter 39

スタンパーはベネズエラのカラカスに隠れ住むオルセイを訪ねて拷問し、レイチェルの居場所を聞き出す。
スタンパーは、サンタフェに隠れ住んで別の身元を用意していたレイチェルを捕らえ、躊躇した後に殺す。
クレアは次第に増す憂鬱を抱えながら予備選の前面に出てダンバーと闘う。
しかし遂に限界に達したクレアは、アイオワ州予備選直前の党大会に出ずにワシントンに戻る。
フランクは予備選を制するが、クレアは電話に出ず、勝利会見にも現れない。
クレアはホワイトハウスに戻ったフランクと対決し、自分がフランクと対等でなく、利用されるだけの存在であることの不満をぶつける。
だがフランクは無視し、再選のための役割を果たすことを強制する。スタンパーはホワイトハウスに戻り、クレアはフランクのもとを去る。

第13話 無料動画リンク : ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン3-13話

 

1

 likes / 0 Comments
Share this post:
公開日:

Archives

> <
Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec
Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec