30
6月-2016

【海外ドラマ】クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2 | Criminal Minds Season2

海外ドラマ:クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2のポスター画像

この記事では海外ドラマ:クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2の様々な情報と、無料で視聴出来るリンクを紹介しております。

無料海外ドラマ:クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2 情報

公開日 2008年~
監督 グレン・カーショウ、フェリックス・アルカラ、エドワード・アレン・バーネロ
脚本 ジェフ・デイヴィス、キム・A・ハリスン、リック・ダンケル
原案
原作
製作 ギギ・コレロ-バーノン、エリカ・メッサー、マーク・ゴードン
音楽 マーク・フォンタニ、ステファン・フォンタニ
シーズン 2(全23話)
ジャンル 犯罪、ドラマ、ミステリー
評価 8.2 / 10(107,901人の評価)

 

クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2 のキャスト情報

役名 俳優/女優 俳優/女優情報
アーロン・ホッチナー トーマス・ギブソン FBI監督特別捜査官(Supervisory Special Agent、略称SSA、特別捜査官の二つ上の階級)。1987年当時は高校生だった。BAUに属する捜査係の一つを指揮する係長(Unit Chief)である(BAUにはホッチの他にもサム・クーパーなどのUnit Chiefが存在する)。連邦検察官の経験があり、弁護士の資格も持つ。仲間内ではホッチと呼ばれる。極々稀にだがロッシに「アーロン」とファーストネームで呼ばれる事もある。
Dr.スペンサー・リード マシュー・グレイ・ギュブラー FBI監督特別捜査官。カリフォルニア工科大学の出身で22歳でBAUに入り、シーズン2第4話で24歳の誕生日を迎えている。飛び級を繰り返したため、阻害され肉体的な暴力を含む激しいいじめに遭った経験を時々語っている(ただし大人になってからも連絡を取り合って会うような親しい友人もいる)。IQ187、数学・化学・工学の博士号を持つ天才であり、その幅広い知識を生かして犯罪捜査にあたる。
ペネロープ・ガルシア カーステン・ヴァングスネス FBI特別捜査官(プロファイラーではなく、テクニカルアナリストである)シーズン3時点で30歳。コンピュータネットワークを駆使し、事件解決のヒントとなる様々な情報を提供する。ハッキングもお手のもの。捜査のリアルタイム情報源として多大な役割を担っている。基本的に内勤で、自らの専用コンピュータ室を持つ。
デヴィッド・ロッシ ジョー・マンテーニャ FBI監督特別捜査官。通称「伝説のプロファイラー」。フルネームはデヴィッド・スティーヴン・ロッシ、愛称はデイヴまたはデイヴィー。BAU創設メンバーの一人で、ホッチナーのプロファイラーの師。ギデオンとは新人捜査官時代からの親友。FBI入局前は海兵隊の最上級曹長(Sergeant major)で、ベトナム戦争での従軍経験があり、負傷して帰国、名誉負傷章を授与されている。
デレク・モーガン シェマー・ムーア FBI監督特別捜査官。シーズン2の時点で32歳。以前はシカゴ市警察の刑事で、爆弾処理班に所属していた。被疑者の考え方に自分を添わせて相手の行動を推測する事を得意とする。情に厚く、心優しい性格で、チームのムードメーカー。軽口をたたき、デートの相手に不自由しないタイプだが、誠実で真摯な男性。
ジェニファー・ジャロウ A・J・クック FBI監督特別捜査官。愛称はJJ。連絡調整及び渉外担当。事件の詳細をマスコミに公表したり、または止めたりと情報操作を受け持ち捜査をサポートする。また、次にBAUが扱う事件を選定する。リードとは姉弟のような関係で、彼を「スペンス」と呼ぶ。

 

クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2 の概要とストーリー

<概要>

FBIの最強プロファイラー・ユニット“BAU(行動分析課)”のメンバーが
様々な凶悪犯罪に挑む犯罪捜査ミステリー。

全米視聴者数ランキングでは常に上位にランク入りしている話題のロングラン・ヒット作。

「クリミナル・マインド」は、米CBSネットワークにて05年秋より放送を開始し、
2015年9月よりついにシーズン21に突入する犯罪捜査ミステリーである。

FBI(アメリカ連邦捜査局)に実在する機関“BAU”(Behavioral Analysis Unit=行動分析課)。

そこに所属し、犯罪者の心理を知り尽くした一流のプロファイラーたちが本作の登場人物。
彼らは全米各地でシリアル・キラー(連続連殺人鬼)が事件を起こすと現地に飛び、
犯行現場の様子から犯人像をプロファイリングし、一刻も早い犯人逮捕をめざす。

犯罪を繰り返すことで己の欲望をみたそうとするのがシリアル・キラー。
膨大なデータに基づき、彼らを“秩序型”“無秩序型”などに分類し、
それぞれの特徴を新たな犯罪者たちの足跡に照らし合わせることで次なる犯行を予測する、
地上最強のプロフェッショナル・ユニットが“BAU”だ。

しかし、時に現実の犯罪者は彼らの予想を上回る欲望の強さと残虐さをもって捜査を混乱に招く。
一方、事件を調べる“BAU”のメンバーの側にも深い心の闇が……。
罪なる心(クリミナル・マインド)を抱えた人々がおりなす、
空前絶後かつ予測不可能な犯罪ドラマの最終進化形、それが「クリミナル・マインド」だ。

出演はTV「シカゴ・ホープ」でエミー賞のドラマ・シリーズ主演男優賞に輝く
マンディ・パティンキン、TV「ふたりは最高!
ダーマ&グレッグ」でグレッグを演じたトーマス・ギブソン、
映画『週末はマフィアと!』でヴェネチア国際映画祭の男優賞を受賞したジョー・マンテーニャほか。
製作総指揮は映画『スピード』『プライベート・ライアン』などのハリウッドの大物製作者マーク・ゴ-ドン、
警察からTV界に転じた鬼才エドワード・アレン・バーネロらが手がけている。

<ストーリー>

バージニア州クワンティコにあるFBIの重要セクション、行動分析課(BAU)。
彼らは無数の犯罪者たちの特徴をデータ化し、
行動科学的に分析することで新たな犯罪者の行動を予測する
“プロファイリング”のエキスパートが集まった、エリート集団である。

全米各地では常に異常な連続犯罪が発生しており、
中でも似た手口の殺人事件を繰り返す犯罪者は“シリアル・キラー”と呼ばれる。
心の闇から生まれる歪んだ欲望を、殺人という行為でみたすしかないが、
その欲望はどこまでも深く、多くのシリアル・キラーは再び犯罪に手を染めていく。
それを予測し、ありとあらゆる方法で阻止するのがBAUの使命だ。

シリアル・キラーに手が負えなくなった全米各地の警察から、
捜査協力の依頼が届けば、すぐさま専用のジェット機に乗り、彼らは全米各地に飛んでいく。

そのBAUメンバーの顔ぶれは、チームきってのベテラン・プロファイラーだが、
犯罪者の心理を知り過ぎたことでかえって心に負ってしまったギデオン、
チームを指揮する沈着冷静なリーダーである“ホッチ”ことホッチナー、
性犯罪に詳しく繊細なハートを持つ女性捜査官エル、
捜査の最前線で持ち前の行動力を発揮する体育会系のモーガン、
天才的頭脳を持つが人としても捜査官としてもまだ経験不足なドクター・リード、
各地の警察やマスコミとの交渉をてきぱきとさばく美人捜査官JJ、
インターネットを駆使した情報収集を得意とする女性分析官、ガルシア。

過去のある事件でミスをし、何人かの部下を失ったことから
捜査の現場を去っていたギデオンがBAUに復帰する。
しかし、まだ危うい内面を抱えているようだ。
ギデオンだけでなく、異常な心を持った者がしでかす凶悪犯罪は、
その捜査に臨んだ捜査官たちの心理をも、少しずつだが不安にし、傷つけ、鋭くえぐり、かきむしっていく。

BAUとシリアル・キラーたちの死闘はいつまで続くのか・・・。

 

クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2の予告/トレイラー

 

エピソードリスト

第1話 地獄からの挑戦状 – 後編- | The Fisher King (2)

拉致されている少女の名前がレベッカ・ブライアントとわかり、
モーガンとJJがレベッカの実家へ向かう。
一方リードは持ち前の天才的頭脳で、
暗号を解くべき本が1963年出版の「コレクター」だということを突き止める。
一方、生死の境をさまようエルは、幼い頃に殉職した警察官の父と語り合う。

第1話 無料動画リンク : クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2-1話

 

第2話 闇のネットオークション | P911

子供を対象とした犯罪を専門で追っているCACU班のリーダーで、
BAUのOGでもあるコールが、ある日BAUを訪れる。
1年前にインターネット上で拉致が確認された幼い少年ピーターの画像が、あるサイトに再び現れたのだ。
BAUはCACUに協力し、ピーターの発見と犯人逮捕に乗り出す。
ピーターの画像にはオークション時計がつけられ、残り時間が18時間を切っていた。

第2話 無料動画リンク : クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2-2話

 

第3話 パーフェクト・ストーム | The Perfect Storm

フロリダ州ジャクソンヴィルで、ある夫妻の元に1枚のDVDが届く。
差出人は娘のローラ。だがそこに映っていたのは拷問を受けるローラ自身の姿だった。
あまりにむごい映像に、父親のフランクは心不全を起こして死亡する。

ローラは、ジャクソンヴィルでこの2年間相次いで起こっていた殺人事件の5人目の被害者だった。
地元警察の要請でBAUが捜査協力に乗り出す。

第3話 無料動画リンク : クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2-3話

 

第4話 サイコドラマ | Psychodrama

ロサンゼルスで2ヶ月に4件の強盗が発生。
黒いスキーマスクを被った単独犯によるもので、用意周到、
人質の服を脱がせてから金を奪うという手口は熟達していた。
しかし3件目から手口が微妙にブレ始める。
犯人のプロファイリングと手口の変化の解明のため、BAUが出動するが、
この任務の準備で長男ジャックの診察に付き合えなかったホッチは、
妻ヘイリーに責められ、暗い気持ちのままロス入りする。

第4話 無料動画リンク : クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2-4話

 

第5話 消えない傷跡 | Aftermath

オハイオ州デイトンで、カトリック大学の女子学生が連続して被害に遭うレイプ事件が発生。
デイトン警察の敏腕刑事キャラハンの依頼でBAUが分析に取りかかる。
その夜、エルの様子がずっとおかしかったことに気づいていたリードは、ホテルの部屋を突然訪ねる。

第5話 無料動画リンク : クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2-5話

 

第6話 森の中の殺人鬼 | The Boogeyman

FBIの内部監査が終了し、リーに対するエルの発砲は正当防衛として認められた。
だがホッチはエルに精神鑑定を受けるよう命じ、
それに憤慨したエルは、鑑定をすっぽかし翌朝無断欠勤する。

折しもテキサス州オゾナで子供ばかり狙った殺人事件が発生し、
BAUが捜査協力に向かうことになるが、ギデオンはエルを捜すために残るようホッチに告げる。

第6話 無料動画リンク : クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2-6話

 

第7話 消えた女子高生 | North Mammon

ペンシルベニア州の小さな町ノースマーモン。
地元高校の女子サッカーチームの仲良しトリオ、
ブルック、ポリー、ケリーが謎の侵入者にさらわれる。
ポリーの母親ジュディは、友人の姪であるJJの元へ直接救いを求めにやってくる。

ペンシルベニア出身で元女子サッカーチームのキャプテンだったJJは、
少女たちにただならぬシンパシーを覚え、BAUが捜査協力に乗り出せるよう奔走する。

第7話 無料動画リンク : クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2-7話

 

第8話 エンプティ・プラネット | Empty Planet

ある日、全米の主たるニュース・ネットワークに同一内容の脅迫電話がかけられる。
内容は「すべてが始まった場所のバスが爆発する」
「事態に収集がつくまで人々は死に続ける」というもの。
国家安全保障省はBAUに危機度の査定を依頼。

結論が出るまで電話についての報道は控えられたが、
間もなくワシントン州シアトルでローカルバスが爆破される。

第8話 無料動画リンク : クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2-8話

 

第9話 2人のシリアル・キラー | The Last Word

ある日ホッチのオフィスを1人の捜査官が訪れる。彼女の名はエミリー・プレンティス。
ホッチが新人時代に警護についた大使の令嬢で、その後FBIに入局し、10年のキャリアを積んでいた。
その彼女が「BAUに移動に異動になった」と言う。
何も聞いていないホッチは「間違いだ」と一蹴し、2人の連続殺人犯に悩まされているセントルイスに出張に向かう。

第9話 無料動画リンク : クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2-9話

 

第10話 テロリストへの尋問 | Lessons Learned

麻薬取締局がドラッグ工場とおぼしき民家にガサ入れをかけたところ、
そこには科学兵器の散布装置と無線電話が残され、
生物兵器の冬眠テロリストの潜伏場所であることが分かる。

潜伏場所を管理していたのがジンド・アッラーという男だということが判明するが、
彼は2ヶ月前に捕えられ、本名不詳のままグアンタナモ収容所に収監されている。
無線電話で傍受したメッセージをアラビア語に堪能なプレンティスが解読したところ、
48時間後にアメリカ本土にテロ攻撃を仕掛ける計画があるらしい。

第10話 無料動画リンク : クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2-10話

 

第11話 殺人衝動 | Sex, Birth, Death

ある朝、出勤途中のリードは男子高校生から声をかけられる。
大学でリードの講義を聴講したという少年は娼婦の連続殺人について、
興味を持っている様子で「ナイフで刺して髪を切ったとしたらどういう意味か」と尋ねる。
何か引っかかるものを感じるリードだが、BAUへ来るよう誘うと少年は名乗らずに立ち去ってしまう。
リードが地元警察に問い合わせたところ、少年が語った通りの死体が4日前に発見されたばかりだと分かる。

第11話 無料動画リンク : クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2-11話

 

第12話 疑惑のプロファイラー | Profiler, Profiled

母の誕生日のためシカゴの実家に帰ったモーガンは、突然殺人容疑で逮捕される。
古巣であり、帰省のたびに訪れるユースセンターで少年たちとフットボールをした後、
そのうちの1人を家に送ったのだが、その少年ダミアンが他殺死体となって発見されたのだ。

手口は過去2件起きた殺人と酷使しており、
担当刑事のゴーディンスキーは15年前に最初の事件で死体発見者だったモーガンを疑っていた。

第12話 無料動画リンク : クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2-12話

 

第13話 史上最強の敵 | No Way Out

ネバダ州ゴルコンダ。
昼下がりのダイナーに入っていったギデオンは、1人の男客の向かい側に腰を下ろし、
「ある男を捜している」と告げて詳しい特徴を語る。
まさにそのプロファイル通りのその男はフランクと名乗り、
ストロベリー・シェイクを飲み終えたらギデオンの望む情報を与えようと答える。

フランクは史上最多の犠牲者を生んだと思われる連続殺人犯だった。
ギデオンは犯人発見までの経緯を彼に語り始める。

第13話 無料動画リンク : クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2-13話

 

第14話 血塗られた黙示録 | The Big Game

国を挙げてのスーパーボウル・サンデーの夜、
観戦パーティを開いていたアトランタの会社経営者デニス・カイルとその妻が、
パーティ解散後の深夜何者かに惨殺される。
犯人はなぜか犯行直前にカイル宅から警察に通報していた。
1人がおびえた声で通報し、次に出た男が「罪人を殺す」と殺人を予告、その直後にカイル夫人の悲鳴が響いた。
BAUのメンバーは休みを切り上げてオフィスへ集合。急いでアトランタに発つ。

第14話 無料動画リンク : クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2-14話

 

第15話 多重人格 | Revelations

ギデオンたちがトバイアスの家に到着。
納屋で放心状態のJJを見つけるが、リードの姿はなかった。
BAUはトバイアスの家を捜査本部としてガルシアも呼び寄せ、プロファイリングを始める。

その頃トバイアスはリードを古い農園に拉致していた。
手錠で椅子につながれたリードの前に、
トバイアスの中の3つの人格が入れ替わり立ち替わり姿を現す。

第15話 無料動画リンク : クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2-15話

 

第16話 見えない恐怖 | Fear and Loathing

マンハッタンのベッドタウン、白人富裕層が多く住む、
ウェストチェスター郡グロートンで、黒人少女サンドラと白人少年ケンが殺される。
遺体にはいずれもカギ十字が描かれていたことから、
憎悪犯罪の線が色濃くなり、人権活動家の黒人牧師が、
反人種差別を訴えメディアを使って声高に訴え始めた。
事態の収拾を急ぐ市長はBAUに連絡。州警察のウェア刑事率いる捜査チームへの協力を依頼する。

第16話 無料動画リンク : クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2-16話

 

第17話 救難信号 | Distress

テキサス州ヒューストン。治安の悪い第5区で、
48時間の間に3人が首の骨を折られて殺されるという事件が発生する。
被害者はホームレス、建設作業員、警備員で、
共通点やつながりが見当たらず、目撃者も皆無。

プロファイリングが難航する中、道路工事の作業員がマンホールで殺される。
現場のそばには人が寝起きしていた跡があった。

第17話 無料動画リンク : クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2-17話

 

第18話 ニューオーリンズの切り裂きジャック | Jones

2005年8月。
カトリーナ台風に直撃される直前のニューオーリンズで3件の連続殺人が発生。
被害者はいずれも男性で、ノドを切られ、内臓を抜き出されていた。
手がかりは犯人から担当刑事のラモンテーンの元に送られていた手紙。

ラモンテーンは避難も忘れて自宅で捜査資料をひっくり返していたが、
あることに気づいたその時、窓から飛び込んできた大木に当たって死亡。
だが死ぬ間際に壁に「ジョーンズ」という文字を書き残す。

第18話 無料動画リンク : クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2-18話

 

第19話 悲しみの業火 | Ashes and Dust

サンフランシスコで、一軒家に住む家族を狙った2つの放火事件が相次いで発生。
手口が一致し、殺害を目的としていることから、
同一犯による連続放火殺人と断定されBAUが捜査に乗り出す。

唯一の生存者であるシャーロットは、火災発生の前に水道の水が止まったこと、
カギを開けてもドアが開かなかったこと、現場で消防士を見たことなどを語る。
ギデオンは犯人の目的が、恐怖におののく被害者たちを見ることだと推理する。

第19話 無料動画リンク : クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2-19話

 

第20話 ロシアン・マフィア | Honor Among Thieves

ある朝、プレンティスの母エリザベスが何の前触れもなくBAUを訪れる。
同行してきたのは、ボルティモアに住むロシア人のチェルナス母子。
一家の主であるセルゲイが誘拐され、10万ドルの身代金を要求されたというのだ。
司法当局を信用しない彼らが、元ウクライナ大使だったエリザベスに助けを求めたのだが、
正式な手続きを踏まずに捜査を依頼するエリザベスの強引なやり方にホッチは戸惑いながらも押し切られる。

第20話 無料動画リンク : クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2-20話

 

第21話 殺人ハンター | Open Season

ワシントン州で姿を消した若者がアイダホ州のボイジー国有林で、
他殺体となって発見されるが、これに酷似した事件が1年前にも発生していた。
いずれの遺体も胸を貫かれていたが銃弾は落ちておらず、必死で逃げ回ったような痕跡があった。
捜査協力を依頼されたBAUは、犯人が弓矢を使ったハンターだろうと推理する。

第21話 無料動画リンク : クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2-21話

 

第22話 出口のない迷路 | Legacy

カンザスシティー警察のキャル・マクギー刑事がJJの元を訪れ、
担当しているホームレス地区で失踪事件が発生していると訴える。
消えているのはホームレス、娼婦、麻薬依存症者などばかりで、
失踪届も出されていないが、その数は少なくとも63人に及ぶという。

担当地区で犯罪件数が減ったため、キャルは市長から表彰までされていたが、
それは犯罪者の数が減ったからに過ぎないというのだ。
そしてキャルには「恥を知れ」という脅迫めいた手紙まで届いていた。

第22話 無料動画リンク : クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2-22話

 

第23話 史上最強の敵 -再び- | No Way Out (2): The Evilution of Frank

大学時代の友人サラを自宅に招いて食事することになっていたギデオンは、
帰りが遅れたおわびに花束を買うことに。
そこへホッチから電話があり、臨時の査定が行われることになったが、
自分のファイルだけ提出を求められておらず、リストラの対象に考えられているのではと不安をぶつけられる。
その時、通りの向こうに、シリアル・キラー、フランクとともに姿を消したはずのジェーンを見かけ、ギデオンは驚愕する。

第23話 無料動画リンク : クリミナル・マインド FBI行動分析課 シーズン2-23話

 

0

 likes / 0 Comments
Share this post:
公開日:

Archives

> <
Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec
Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec