01
3月-2016

【海外ドラマ】ザ・ワイヤー シーズン1 | THE WIRE Season1

海外ドラマ : THE WIRE/ザ・ワイヤー シーズン1のポスター画像

この記事では海外ドラマ:THE WIRE/ザ・ワイヤー シーズン1の様々な情報と、無料で視聴出来るリンクを紹介しております。

無料海外ドラマ:THE WIRE/ザ・ワイヤー シーズン1 情報

公開日 2002年~
監督 ジョー・チャペル、アーネスト・ディッカーソン
脚本 デイビット・サイモン、エドワード・バーンズ
原案
原作
製作 ニーナ・コストロフ・ノーブル、デイビット・サイモン、エドワード・バーンズ
音楽 ブレイク・レイ、ネヴィル・ブラザーズ
シーズン 1(全13話)
ジャンル 犯罪、ドラマ、スリラー
評価 9.4 / 10(178,653人の評価)

 

THE WIRE/ザ・ワイヤー シーズン1のキャスト情報

役名 役柄 俳優/女優
ジミー・マクノルティ ドミニク・ウエスト イギリスの俳優
セドリック・ダニエルズ ランス・レディック アメリカ合衆国の俳優、ミュージシャン
キーマ・グレッグス ソーニャ・ソーン アメリカ合衆国の女優
ウィリアム・ロールズ ジョン・ドーマン アメリカ合衆国の俳優
トミー・カルケティ アイダン・ギレン アイルランドの俳優
エイヴォン・バークスデール ウッド・ハリス アメリカ合衆国の俳優

 

THE WIRE/ザ・ワイヤー シーズン1の概要とストーリー

<概要>

西ボルティモアのストリートを舞台に、警察と麻薬組織におる終わりなきドラッグ戦争を描いた社会派クライム・アクション!

「THE WIRE/ザ・ワイヤー」(原題:THE WIRE)は、
「ザ・ソプラノズ」や「シックス・フィート・アンダー」など、
上質なオリジナルTVシリーズを制作・放映することでは他局の追随を許さない米ケーブル局HBOにて2002年6月2日に放映が開始された野心的な刑事ドラマだ。

物語の舞台はメリーランド州西ボルティモア。
麻薬の売買が絡んだ殺人事件をきっかけに生まれた、特別捜査班と麻薬組織の追跡劇を縦糸に、
ボルティモア市警察内部の政治的駆け引きや麻薬取引の世界での権力闘争を横糸にして、硬派で型破りなドラマが展開する。

本作のクリエイターのデヴィッド・サイモンは、
ボルティモア・サン紙の犯罪記事担当の記者を13年間務めた経歴の持ち主。

ボルティモア市警察に通って見聞きした経験が、これまでの犯罪ものジャンルに登場するような
ステレオタイプな人物や陳腐な台詞を排してリアリズムを徹底させたドラマ作りに活きている。

サイモンは、「THE WIRE/ザ・ワイヤー」について、
「犯罪ドラマの形をとってはいるが、本当は、アメリカの一都市について、そして、我々がどのように共生しているかということについてのドラマなんだ。それと同時に、このドラマは、組織が一個人にどのような影響を与えるかということを描いている。警官であろうと、麻薬の売人であろうと、湾岸労働者であろうと、政治家や判事、弁護士であろうと、私たちは組織によって妥協させられ、それゆえ属している組織と闘わねばならないということを描いているんだ」と語る。

<ストーリー>

ボルティモア市警察殺人課の刑事、ジミー・マクノルティは殺人事件の裁判が行われている法廷に立ち寄る。
被告人は、西ボルティモア地区の麻薬売人組織のボス、エイヴォン・バークスデールの甥、ディアンジェロだ。

麻薬の売買が絡んでいると思われる殺人事件を何件も捜査してきたマクノルティは、この事件も麻薬がらみだと睨んでいた。
ディアンジェロを目撃したという証人の証言に続いて第二の証人が召喚されたが、
彼女は証言を翻し、その結果、ディアンジェロは無罪放免の身になった。

正義がまっとうされなかったことに苛立ったマクノルティは、
判事を訪ね、エイヴォン・バークスデール率いる麻薬組織のことを伝える。
判事は警察の上層部を通して、誰も手をつけていなかったバークスデールの麻薬組織の捜査を命じ、
その結果、麻薬課の警部補セドリック・ダニエルズを指揮官とする特別特捜班が組織されることになった。

 

THE WIRE/ザ・ワイヤー シーズン1の予告/トレイラー

 

エピソードリスト

第1話「標的」 | The Target

お前の出る幕じゃない”マクノルティ
“…when it’s not your turn.” – McNulty

ボルティモア市警察殺人課の“はみだし刑事”マクノルティは、
担当事件でもないのに麻薬売人組織の一員ディアンジェロの裁判を傍聴。

脅迫された証人が証言を翻したため無罪放免となったことに関して、
警察内の指揮系統をすっ飛ばして実情を判事に打ち明けたため、直属の上司に睨まれて、
他の刑事たちが敬遠していた「特別捜査班」に転属される。
彼は監視と盗聴こそが、この捜査の成功をもたらす鍵であると訴える。

第1話 無料動画リンク : THE WIRE/ザ・ワイヤー シーズン1-1話

 

第2話「麻薬課」 | The Detail

“出ない試合は負けない”マーラ・ダニエルズ
“You cannot lose if you do not play.” – Marla Daniels

特別捜査班に厄介者ばかりを押し付けられたダニエルズは、優秀なシドナーをなんとかチームに入れる。
一方、仲間を乱暴されたことでバークスデール一味に恨みを持つバブルスが、
キーマ・グレッグス刑事にバークスデールのシマの内部事情を語る。

第2話 無料動画リンク : THE WIRE/ザ・ワイヤー シーズン1-2話

 

第3話「ディーラー」 | The Buys

“キングはキングのままだ”ディアンジェロ
“The king stay the king.” – D’Angelo

マクノルティとグレッグスは、密告者バブルスの協力で次々にディーラーたちの顔と名前を一致させていったが、
肝心のエイヴォンだけはどうしても写真が撮れずにいた。

マクノルティはパールマン検事補の家を訪れ、バークスデール一味が使っているポケベルの複製を作りたいと相談する。
彼らは携帯電話を使用せず、ポケベルを使って連絡を取り合っているのだ。

第3話 無料動画リンク : THE WIRE/ザ・ワイヤー シーズン1-3話

 

第4話「オールド・ケース」 | Old Cases

“天国とは隣り合わせだ”バブルス
“It’s a thin line ‘tween heaven and here.” – Bubbles

少年拘置所に入れられた売人のボディーは、掃除用具を使って監視の眼を逃れ脱走。
戻って来たボディーに、ディアンジェロは自分が昔関わったある事件の話をする。
一方、自分の商品が強奪されたことに怒ったエイヴォンは、
強盗の一味オマールを抹殺した者には今まで懸けていた懸賞金の倍額を出すことを決める。

第4話 無料動画リンク : THE WIRE/ザ・ワイヤー シーズン1-4話

 

第5話「ポケベル」 | The Pager

“ちょっとでも遅けりゃおしまいた”エイヴォン・バークスデール
“..a little slow, a little late.” – Avon Barksdale

フェラン判事はディアンジェロの持つポケベルの複製を許可、
ディアンジェロのポケベルが鳴ると同時にメッセージが記録されるようになるが、
彼らはメッセージに暗号を使っていたので発信元の番号が特定できない。

一方エイヴォンはディアンジェロを連れて病院へ行き、昏睡状態の兄を見舞う。

第5話 無料動画リンク : THE WIRE/ザ・ワイヤー シーズン1-5話

 

第6話「ワイヤー/盗聴」 | The Wire

“どんな情報にも意味がある”フリーマン
“..and all the pieces matter.” – Freamon

殺人課のロールズ警視は自分の功績のために逮捕を急がせようとし、
こつこつと進めてきた捜査をだいなしにされそうなマクノルティとグレッグスはダニエルズに進言するが、
彼は上司には逆らわないという。

第6話 無料動画リンク : THE WIRE/ザ・ワイヤー シーズン1-6話

 

第7話「逮捕」 | One Arrest

“道理を貫く男”バンク
“A man must have a code.” – Bunk

資金調達パーティに夫を売り込みたい妻マーラと共に渋々出席したダニエルズ。
会場で彼を自分と同じ運転手仲間と勘違いした“デイデイ”と名乗る男が、
この家がいかに盗みに入りやすいかということをしゃべり始めた。

第7話 無料動画リンク : THE WIRE/ザ・ワイヤー シーズン1-7話

 

第8話「直感」 | Lessons

“王を襲うなら しくじるな”オマール
“Come at the king, you best not miss.” – Omar

息子2人と買い物に出かけたマクノルティは偶然ストリンガーと出会い、
自分の息子を使ってストリンガーを尾行させ、彼の車のナンバーを入手することに成功した。

一方、バークスデール一味とオマールとの抗争は激しさを増し…。

第8話 無料動画リンク : THE WIRE/ザ・ワイヤー シーズン1-8話

 

第9話「決戦の日」 | Game Day

“俺らの勝ちか”ハーク
“Maybe we won.” – Herc

ピット(低層住宅)とタワー(高層住宅)の住人が、東西団地対抗バスケットボールの試合を見に行き、
そこにエイヴォンも来ることを知ったシドナーは、昔のボクサー時代の写真を頼りに現在のエイヴォンを割り出そうとする。

第9話 無料動画リンク : THE WIRE/ザ・ワイヤー シーズン1-9話

 

第10話「代償」 | The Cost

“そして彼は手錠を置いた”グレッグス
“And then he dropped the bracelets…” – Greggs

拘留中のウォレスが証言する前に、マクノルティとダニエルズはどうやって彼の身を守るか考える。

第10話 無料動画リンク : THE WIRE/ザ・ワイヤー シーズン1-10話

 

第11話「一斉捜索」 | The Hunt

“現物を並べればいいさ”ダニエルズ
“Dope on the damn table.” – Daniels

副警察長バレルは、メディアを引きつけるために売人たちを一斉捜査するようダニエルズに命令する。
一方、グレッグスは意識不明でICUに入っていた…。

第11話 無料動画リンク : THE WIRE/ザ・ワイヤー シーズン1-11話

 

第12話「身辺整理」 | Cleaning Up

“ここが俺の場所さ”ウォレス
“This is me, yo, right here.” – Wallace

捜査の先行きが不安定な状態にある中、ダニエルズはバレルとその政治組織と対立する。

第12話 無料動画リンク : THE WIRE/ザ・ワイヤー シーズン1-12話

 

第13話「判決」 | Sentencing

“ゲームだ”西ボルティモアの知恵
“All in the game…” – Traditional West Baltimore

ダニエルズとマクノルティは事件解決のため、更なる権力者の力を借りようとするが…。

第13話 無料動画リンク : THE WIRE/ザ・ワイヤー シーズン1-13話

 

0

 likes / 0 Comments
Share this post:
公開日:

Archives

> <
Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec
Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec