21
3月-2016

【無料映画】きっと、うまくいく | 3 Idiots

洋画 : きっと、うまくいくのポスター画像

この記事では映画:きっと、うまくいくの様々な情報と、無料で視聴出来るリンクを紹介しております。

無料映画:きっと、うまくいく 情報

公開日 2013年5月18日(日本)
監督 ラージクマール・ヒラーニ
脚本 ラージクマール・ヒラーニ、ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー、ジット・ジョーシ
原案
原作 Chetan Bhagat『Five Point Someone』
製作 ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー
音楽 シャンタヌー・モイトラー
上映時間 171分
ジャンル コメディ、ドラマ
評価 8.4 / 10(194,365人の評価)

 

きっと、うまくいくのキャスト情報

役名 俳優/女優 役情報
ランチョー アーミル・カーン 好きなことを突き詰める人生を信じる自由奔放な青年
ファラン・クレイシー R・マドハヴァン 眼鏡をかけた丸顔の青年
ラージュー・ラストーギー シャルマン・ジョシ 家が非常に貧しい苦学生で、家族の生活を背負っている
ピア カリーナ・カプール 本作のヒロインでヴァイラス学長の娘
ヴィールー・サハスラブッデー ボーマン・イラニ ICE学長
チャトル・ラーマリンガム(サイレンサー) オミ・ヴァイディア 実家が裕福で嫌味な男
モナ モナ・シング ピアの姉
マンモーハン ドゥシャント・ワーグ ランチョー達の友人

 

きっと、うまくいくの概要とストーリー

<概要>

2009年の公開当時、インド映画歴代興行収入1位を記録した大ヒット映画。

インドの工科大学の寮を舞台にした青春劇でありコメディ映画だが、
教育問題をテーマにしており、若者の自殺率の高さなども取り上げている。
2010年インドアカデミー賞では作品賞をはじめ史上最多16部門を受賞した。

邦題の『きっと、うまくいく』は本作のキーワードである“Aal Izz Well”(アール・イーズ・ウェル)を訳したものである。
このフレーズの由来はイギリス統治時代のインドで夜警が街を見回りながら口にしていた言葉であるという。

スティーヴン・スピルバーグは「3回も観るほど大好きだ」と絶賛しており、
本作のスポンサーであるリライアンス・ADA・グループはスピルバーグの経営する映画制作会社ドリームワークスにも1000億円以上の出資をしている。
ブラッド・ピットも「心震えた」とコメントしており、インド以外でも高い評価を受け、各国でリメイクが決定している。
日本では2013年5月18日に公開が開始され、「Yahoo!映画作品レビュー」5月19日付で1位、
ぴあの調査による公開初週映画の満足度ランキングも1位となった[3][4]。第37回日本アカデミー賞では優秀外国作品賞を受賞。

主演のアーミル・カーンは若々しい大学生役を演じたが、実年齢は当時44歳である。
当初はもっと若い俳優を起用する予定だったが、
カーンは「是非やりたい。やらせてくれるなら若く見えるように体を絞る」と言い、
撮影期間中は肌をフレッシュにするため水を1日4リットル飲んで臨んだという。
また、R・マドハヴァンも当時39歳、シャルマン・ジョシも30歳だった。

<ストーリー>

大学時代親友同士だったファランとラージューは、ある日同窓のチャトルから母校に呼び出される。
チャトルは二人に、ランチョーというかつての学友の消息がつかめたことを話し、探しに行こうと持ちかけるのだった。

10年前、インド屈指の難関工科大学ICE(Imperial College of Engineering)。
それぞれに家庭の期待を受けて入学してきたファランとラージュー、そして自由奔放な天才ランチョーの三人は寮でルームメイトとなる。
何をするにも一緒の3人はしばしばバカ騒ぎをやらかし、学長や秀才だったチャトル等から”3 idiots”(三バカ)と呼ばれ目の敵にされていた。

物語は10年前の大学におけるエピソードと現代のランチョーを探す3人の旅を織り交ぜながら、やがてファラン達も知らなかった彼の秘密に迫っていく。

 

きっと、うまくいくの予告/トレイラー

 

無料映画 視聴リンク

以下リンクから、きっと、うまくいくを無料で視聴することが可能です。
動画視聴のリンク先はstreamin.toとなっております。

無料映画リンク:きっと、うまくいく:字幕

 

0

 likes / 0 Comments
Share this post:
公開日:

Archives

> <
Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec
Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec
Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec